つみたてNISAとは | 貯金がなかなかできない家庭におすすめ

つみたてNISAはじめかた 貯金・節約

我が家は貯金が苦手でなかなかお金がたまりません。

2018年、「つみたてNISA」が始まったのをご存知ですか?

NISAは聞いたことがあるでしょうか。

NISAが5年であるのに対して「つみたてNISA」は最長で20年のあいだ非課税となります。

 




そもそもNISA(ニーサ)とは

とはいえNISAが何かもわかっていない状態でだったので、ここで簡単に調べてみました。

NISA(ニーサ)とは、毎年決まった非課税投資枠が設定され、

上場株式や投資信託の配当金(分配金)や値上がり益が非課税になる制度のことです。

日本に住む20歳以上の方が対象です。

引用:楽天証券

 

え?

漢字が多くてよくわからない!

 

大丈夫です。

NISAは国が進めている個人の投資を活発化させることを目的に始まった制度です。

国は個人でお金を運用してほしいと思っているようですね。

 

NISAでは年間で120万円まで投資することができます。

その運用で利益が出た分に関しては通常は税金がかかります。

NISAの範囲であればその利益に税金がかかることがありません。

 

NISAについてはこちらの本がたいへんわかりやすかったです。

 

つみたてNISAとは

では新しくはじまった「つみたてNISA」とはなんなのでしょう。

「つみたてNISA」は2018年から開始されたあたらしい制度です。

その名の通り、毎月コツコツと”永く”積み立てることを目的とした制度で、

投資限度額は年間40万円となっていますが、20年間は非課税なのです。

通常のNISAとは併用ができません。

 

我が家のように、月あたりの貯金額が少ない家庭に合っている投資方法だといえるでしょう。

貯金するつもりでスタートしたいと思います。

 

一般NISAとつみたてNISAのちがい

 一般NISAつみたてNISA
対象者20歳以上
運用方法通常買付・積立方式積立方式
年間投資上限額120万円40万円
非課税となる期間5年20年
対象商品国内株式・海外株式・投資信託国が定めた基準を満たした投資信託
非課税対象対象商品にかかる配当金・売却益等
口座開設期間2023年開始分まで2037年開始分まで
金融機関変更各年ごとに変更可能

引用:楽天証券

大きく違うのは、赤字の部分。

投資上限額がつみたてNISAは40万円まで。

MAXで月あたりに34,000円ほどになりますね。

 

限度額がそうなのであって、月々数千円から積み立てが可能です。

 

つみたてNISAで準備するもの | 証券口座

つみたてNISAをはじめるには証券口座が必要です。

我が家では楽天銀行をもともとつかっていることもあって「楽天証券」さんで口座を作ることにしました。

 

口座開設の手続きがなかなかに時間がかかります。

審査などもろもろ合わせて約2週間ほどかかりました。

気長に待つしかないですね。

 

楽天証券にするメリット

NISA口座を開設するのにたくさんの証券会社がありますが、

楽天証券を選んだ理由は以下の通りです。

  • 楽天カードポイントがたまる
  • 最低100円からの積み立てが可能
  • 楽天銀行から自動で入出金

NISA口座が開設したらまずえらびたいおすすめファンド

ここからが問題です。

毎月いくらを積み立てようかと考えなければならないのと、

どこのファンドに投資するのかそれが問題です。

 

先ほどの書籍

では、インデックスファンドがよいとのことでした。

それも国内と海外と半分ずつ。

 

インデックスファンドとは、「日経平均株価」や「ダウ平均株価」のような指標に連動する投資信託です。

参考サイト インデックスファンドとは

 

楽天証券から出ているNISAランキング(積立金額)を参考にしてみました。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド

ランキング1位だった楽天・全米株式インデックス・ファンド。

純資産総額はグラフの通り右肩上がりです。

そのかわり分配金は波がありますね。

 

参考サイト:図

 

素人にはわかりませんが、

多少のリスクを取るのであれば、この分配金が多めのものを選んだほうがいいのでしょうか。

迷いますが、1位という実績から投資してみることにしました。

 

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

積み立てランキング8位

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は下図のとおり、

さまざまな投資先にきれいに8当分されているのが特徴です。

 

 

 

分散投資しているために、全体のリスクがさがるため大きな利益率は望むことができませんが、

安定性が高い投資信託になります。

 

eMAXIS はたくさんのファンドがあるようなのでお間違え無いようにしてください。

Slim で 8資産になります。

Slimだけでもたくさんのファンドがあるので気をつけましょう。

 

ニッセイ外国株式インデックスファンド

積み立てランキング4位

配分金が多めなイメージがありましたので選択しました。

 

NISAはじめたての投資額は3万円から

安定志向のeMAXIS Slimに少し多めにしてのこりをその他に割り当てました。

追位の総額は、3万円からのスタートとなりました。

 

月に3万円の貯金が自動でおこなわれていき、

のちのちには貯めた以上の金額になっていることをねがってコツコツと貯めていこうと思います。

 

毎月の利益はウォッチしていき何らかの形で報告したいと思います。