ビットコインにかかる税金と確定申告

コラム

仮想通貨が盛り上がって来て、実は気づいているのに気づかないふりをしているのが

「税金」

ですよね。

年間20万円以上の副収入(経費除く)がある場合確定申告が必要だと言われています。

それに筆者らみたいなサラリーマンにとっては「雑所得」ですね。

 

こちらの記事を読んで俺氏ビクつく

元銀行員さんが書いているだけあってとってもわかりやすい記事です。

【保存版】仮想通貨(ビットコイン)の税金・確定申告を、元銀行員が解説!

 

自分に関係ありそうな点をまとめてみた。

 

 




課税対象はビットコインの使用

 

  • ビットコインの売却(ビットコインを売って円に換える)
  • ビットコインでの支払い(商品購入)
  • 他の仮想通貨へ交換(アルトコインなど)
  • マイニング(採掘)による報酬(収益)

 

BitZenyやXPなど海外取引所でしか買えないアルトコインをビットコインで購入すると対象になるみたい。

それから筆者がやってるマイニングの報酬も対象。

マイニングで受け取った仮想通貨を円に変えるなどして利確してしまうとさらに課税対象となるので注意。

 

何が何でも税金として持って行こうとしているんですねぇ。。。

 

ビットコインの売買のたびに計算をし直さないといけないのはめんどくさいですね。

変に儲かってしまった場合は、税理士に相談するのが良いようです。

しかも仮想通貨に詳しい税理士さんにお願いする必要があります。

 

仮想通貨に絡む相談を嫌がる税理士さんもいるようです。

おすすめの確定申告サービス

仮想通貨にも対応している「freee」

 

仮想通貨の税金はプロにお任せ

 

仮想通貨のプロが節税や確定申告のサポートをしてくれる専門サービスです。

利確しなければ大丈夫

利益確定せずに含み益のままであれば税金の対象にはなりませんので問題ないはずです。

もしくは年間20万以下で利確するのもありでしょうね。

 

注意が必要なのは、ぎりぎり20万近くの利確をしてしまった場合にほかの収入があると知らぬ間に20万を超えてしまうことがあります。

 

仮想通貨と確定申告まとめ

昨年よりも2018年の方が多くの新規参入者が多いと思います。

税金は払わなければなりませんが、わかってて払わないのは単なる脱税ですね。

 

とはいえ、仮想通貨のやりとりは記録されているもののすべてユーザが把握して税金計算をしなければならないのはなんとなく解せないなぁ。

 

国も払わなかった人を追いかけるコストよりもわかりやすくシンプルに払いやすいシステムを早めに導入して欲しいですね。仮想通貨バブルは納税増のチャンスでもあるんですから。