のど元過ぎるまでは熱い! リスク管理の大切さ

コラム

上司

『のど元過ぎれば熱さ忘れる』

『キツイのは今だけさ、乗り切ればあとで楽になる。。』

 

バカヤロウ!だれが好き好んで火傷しそうなもの喉に通すんだよ。

のど元過ぎるまでは激アツじゃないか。

 

以上、実話です。

 




現場が望むリスク管理とは

問題が発生してから、手助けするというのは

溺れ切るまで放置してから手を差し伸べるような行為。

 

だったら溺れないような配慮した方がみんな幸せじゃないか。

 

プロジェクトが炎上してから問題解決するよりも、

問題を予測してリスク管理として事前に課題解決をしておくのがよろしい。

問題が起きてからでは遅い

システム開発ではトラブルはつきものです。

次から次にトラブルが起きる。

 

しかし、それが想定されているかどうかが、被害拡大に大きく関わってくる。

 

速やかに対処するには、

リスク管理の範囲で対処方法まで定めておく必要がある。

なかなかそうはいかないと思うかもしれないが、後から泣きを見るのはあなただ。

個人と組織のリスク管理

リスク管理には、個人用と組織用がある。

あなたがPMなら両方やる必要がある。

例えば、システム開発ではあるあるなのが、

『期日までに仕様が決まらない場合』

を取り上げる。

 

ここでいう期日とは、

お客様とシステム仕様をFIXする限界日である。

 

この日を超えてしまうと、設計、開発の着手に遅れが生じてしまう。

組織としては期日にFIXできるように動く必要がある。

 

極端であるが、

FIXできなかった場合の理由や原因がお客様にあると言えた場合は、

お客様に責任をとっていただく。

 

そうなる前に、遅れた場合どうなるのかあらかじめ説明が必要だ。

個人としては、

仕様のFIXが遅れた場合は何作ってよいやらわからないわけなので当然作業が遅れていく。

 

部下のトラブルを未然に防ぐには

あなたがPMもしくはPLの場合は、プロジェクトの状況をどのようにして把握しているだろうか。

WBS?進捗の確認はそれでとれるかもしれない。

 

部下たちがいいづらい、プロジェクト進行の「困りごと」どうやって引き出すかが課題となる。

課題管理表やリスク管理表、コミュニケーション、進捗管理などから導き出すことは可能であるが、

何よりもあなたと部下の信頼関係が大事になる。

 

あなたにいいたくない。

あなたの言うことは聞きたくない。

あなたと仕事をしたくない。

 

そのような状態になったら、あなたがどんなに実力者でも仕事は回らない。

 

 

転職の前の退職に悩むあなたへ

会社の都合、家庭の事情さまざまな理由で転職よりも「退職に悩んでいる」という方は多い。

そんなあなたのためにできた良いってもいい「退職代行サービス」をご存じだろうか。

 

退職代行サービス SARABAくん」は定額30,000円のパッケージサービスになっていて

退職できなければ返金完全保証つき。

 

退職代行サービスをおすすめする人

  • 上司に言いづらい
  • 人手が足りていなくてやめづらい
  • 上司に会いたくない
  • 退職を止める人がいる
  • 退職願を受け取ってもらえない
  • 会社が退職を認めてくれない

 

連絡したその日から対応可能というフットワークの軽さもおすすめ理由です。