転職へのイメージはポジティブ やりがいよりプライベートの充実

転職・副業

転職ってどんなイメージでしょうか。

筆者も初めての転職の時は「意を決する」と言ってもいいくらいの気合いで

まず「辞める」と伝え、転職活動を始めました。

しかし多くの方が転職について良いイメージを持っているようです。




半数が転職についてポジティブなイメージ

DODAを運営するパーソルキャリアは9月19日、

転職に対するイメージや、理想の働き方に関する調査結果を発表した。

調査は、今年8月にインターネットで実施。全国の会社員20代~60代男女(派遣、契約社員も含む)計1200人から回答を得た。

転職のイメージをポジティブに捉えていたのは56.4%と半数以上。

世代別に見ると、最もポジティブに捉えているのは20代で、

64.2%が「ポジティブ」だと回答した。また、30代~60代でも、

「ポジティブ」の回答が過半数になっている。

転職に対する前向きなイメージはどの世代でも浸透していることがわかった。

 

僅差ですね。半々といったところ。

若い人ほど転職については前向きに考えているということがわかりますね。

転職希望ということではなく、

転職そのものについては悪いイメージはないという意味になります。

 

転職は自分の理想とする働き方を実現するため

ポジティブ派からは「自分の理想とする働き方を実現するためには転職が有効」、

「人生100年時代と言われる中、一つの仕事に拘る必要がない」といった意見が挙がった。

ネガティブ派からは、「転職経験がないことから漠然とした不安がある」とのコメントが寄せられている。

20代・30代の若手を対象に、自分の親は転職をどう感じていると思うかを聞くと、

70.8%が「賛成すると思う」と答えた。

一方、50代・60代の親世代に、子供の転職をどう思うか聞くと64.3%が「賛成」と答えている。この結果からも、幅広い世代で転職に対してポジティブなイメージを抱いている事がうかがえる。

現在の会社で理想の働き方ができると思うかについては、

49.9%の人から「理想の働き方はできないと思う」と回答があった。

転職経験がない人の中で、「転職を考えている」と答えた世代は20代が最も多く、49.5%に上った。

「ミレニアル世代は仕事とプライベートの両立を優先して仕事を選ぶ人が多い」
理想の働き方を実践するために重要な事を20代と50代に聞くと、

1位は両世代とも「給料」。

しかし、20代は、2位が「プライベートの時間」(79.6%)、

3位が「人間関係」(64.8%)だったのに対し、

50代は2位が「人間関係」(76.5%)、

3位は「仕事のやりがい」(75.6%)と違いが見られた。

 

「ミレニアル世代は、仕事とプライベートを両立させることを優先して仕事選びをする人が多い。特に20代の場合、転職が初めてのことが多く、

『何から始めれば良いかわからない』や

『転職活動を始めたとしてもわからないことだらけ』という声が多く寄せられる。

求人票などの書面のみの情報や、

自分で調べるだけでは会社の実態が読み取れないことがあり

『仕事とプライベートの両立が本当にできるのか?』は転職活動の大きな悩みのひとつと言える」

引用:ライブドアニュース

 

お金は大事ですね。

プライベートの時間をどう過ごすかにも影響がありそうです。

給与もやりがいのうちに入るかもしれません。

その前に人間関係がよくなければやりがいもクソもありません。

 

転職が成功するかは人間関係にも影響

スムーズに転職を行うためには、

  1. 現在の会社を辞める
  2. 次の会社の入社試験を受ける
  3. 新しい環境に入る

という段取りがあります。

 

まずは退職からです。

人間関係がよくなければ即刻環境を変えるべきだし、

人間環境が良好の場合でも新天地を望むのであれば引き止める声をはね退け進まねばなりません。

後者の場合は多くの場合が前向きに送り出してもらえると思います。

ただし人手不足で代わりに仕事を引き継いでもらえる人がいない場合は、

激しい引き止めに遭う可能性があります。

 

前者の場合も、辞めるというのがそもそもおっくうになる場合があります。

  • 上司に言いづらい
  • 職場に行きたくない
  • 体調が悪くなってしまう

辞めたほうがいいのに辞めれない。

転職活動がすすまない。

 

転職についてポジティブな意見が増えてきたからこそ、

あわてずに動きやすい環境を作ってからでいいのではないでしょうか。

 

どうしても今、仕事を辞めたいというあなたにはこんなサービスも