退職願と退職届の違いについて

転職・副業

初めて転職するときに迷うのが「退職の手続き」です。

退職の手続きでは「退職願」か「退職届」を提出する必要があります。

あなたの会社の規約によりどちらを提出するべきか決まっている場合もあるので会社規約を確認しましょう。

 

いますぐ会社を辞めたい、、、という方は先にこちらをご覧ください「退職代行サービス

 




退職願とは

退職願とは、会社に対して「退職を願い出る」申請になります。

そのため、会社側が承認しなければ退職することができません。

提出した段階では退職とはならない代わりに、承認されるまでは撤回することができます。

 

 

退職届とは

退職届とは、会社に対して「退職の意思を伝える」というものです。

受理された時点で退職が確定します。

こちらは撤回ができませんのでご注意ください。

 

なぜ退職願と退職届と2種類あるのか

一般的には、あなたの都合で会社を辞める場合は「退職願」、

会社の都合で会社を辞めることになった場合は「退職届」

を用いることが多いようです。

 

転職や自主退職の場合は、「退職願」を使うのがいいでしょう。

また、「退職願」は希望退職日の1か月前までに出す必要があることが多いです。

引継ぎなど職場の都合もあるでしょうから前もって準備しておきましょう。

 

届け出る前に上司に相談しよう

会社にとってあなたが退職してしまうのは相当な痛手となります。

退職願をいきなり出すのではなく、まずは相談して了承をえてから

必要書類として「退職願」を作成しましょう。

 

ちなみの「辞表」ってなに?

【辞表を提出する。】

って聞いたことがありますよね。

 

辞表とは、会社役員や公務員が「役目を辞める」ときに使用するものです。

一般的な会社員が退職で利用することはありません。