【転職】大手企業人事部から教えてもらった履歴書の注意点

履歴書書き方 転職・副業

アラフォー世代の転職において、まずはじめに見られる「履歴書」の内容がよくなければ書類審査でふるいにかけられれてしまいます。

先方はあなたが即戦力かどうか以前に社会人として最低限の書類作成能力があるのかどうか、

経歴に魅力があるのかどうかを見ています。

 

大手企業の人事部様より基本中の基本についてアドバイスをいただいたのでご紹介します。

 




転職履歴書の基本 学歴と職歴をわかりやすく分ける

  • 学歴と職歴を明確に分けるために1行あける
  • 転職経験があって、退職が目立つ場合はポジティブな転職理由を考えておいて補足で説明を入れておいてもよい

 

学歴は義務教育を省略し高校から書いてもよいです。

 

志望動機はポジティブな退職理由とひもづける

アラフォーくらいになると転職歴がある方も多いかと思います。

会社によってはそれをポジティブにとらえてくれる場合もありますが、

古くてかつ大手の会社である場合、人事部の方は

「転職を繰り返していて、入ってもまた辞めるのでは」と勘違いする方もいるようです。

少なくとも履歴書を読んだだけではわかりませんので

ネガティブな理由で転職をくりかえしているのではなく、

ポジティブな理由で貴社を希望して転職をしているのだという志望動機を書きましょう。

 

  • その会社を志望する動機を明確にする
  • その職種を希望する動機を明確にする
  • 退職理由も志望動機の一つであるように記載する

 

強くアピールできるポイントがある場合は別枠も用意する

あなたが企業に強くアピールできるものがある場合は、

職歴一覧とは別にアピールする項目を設けましょう。

あなたの強みをアピールして、「お?他とは違うな」と思わせることで

「ちょっと会ってみたい」と感じてもらえればOKですよね。

 

【アピールポイントの例】

  • 業務に精通している
  • 企業がターゲットにしている業界にくわしい
  • その企業にはないスキルがあり必ず役に立つ

 

など。

 

アラフォーだからこそ生真面目に取り組む

サラリーマンになれてしまい、ある程度の度胸がついてくると

悪い意味で礼儀作法や行儀がおろそかになってきます。

履歴書も「この程度でいいだろう」と考えて中途半端なものを出すと

人事担当の方から見透かされる場合もあります。

 

よほどのコネがない限り先方はあ中のことを知りません。

第一イメージを付けるのは履歴書の内容になりますので、

ここはひとつ、真剣に作成に取り組んでください。

 

いい結果がでますよう願っております。