アラフォー(30代〜40代)でも大丈夫 確実なシステムエンジニアの転職方法

転職・副業

40才を間近に迎えた、もしくは40才を迎えたばかりのあなた。

転職を考えていますよね?

アラフォーになってから2回の転職を成功させた筆者が転職の秘訣や注意点を解説します。

 




アラフォーの転職事情

われわれアラフォー世代は、ある程度の社会人経験をもつミドル世代です。

若い人の方が転職は有利なのでは、、、とおもっていますよね?

 

ある意味それは間違いではありませんが、

アラフォーの筆者らも求められている存在なのです。

 

それは

  • 即戦力として
  • 若手教育のサポートとして
  • 新しい企業風土の取り込みとして
  • あなたが抱えるお客様に期待して
  • 次世代リーダーとして

 

ちょっとハードルが高くなりましたかね?

実はそんなことはありません、あくまで企業側が求めている人物像がそうだということです。

 

それだけチャンスがあるということ。

背景には、「若手育成に疲れてしまった」事情があるようです。

 

企業は若手育成と若手離れに疲れている

あなたの会社はどうでしょうか?

若手社員が退職したり、なかなか育たなかったりしていませんか?

 

「なぜ若手が定着しないのか」なんていう会議が行われていませんか?

 

若手社員が会社をやめる理由については別の記事で紹介しました。

なかなか意識の高い若手社員をつなぎとめることはできません。

 

そういう意味で、ある程度落ち着いており

まだ「若い(?)」

筆者らのようなアラフォー世代の需要も上がって来ているのです。

 

転職はプロの手を借りよう(エージェント)

アラフォー世代にも転職のチャンスは十分にあることはわかっていただけたでしょうか。

そこで必要なのはプロの手です。

 

売り手市場で威力を発揮するのは求人統合データベースを持っている転職エージェントサービスです。

筆者もリクナビエージェントを利用して求人案件をたくさん見ました。

 

話を聞いたところ、多くの企業が即戦力であるわれわれアラフォー世代を求めています。

若すぎると再教育が必要だからです。

 

 

エントリーシートよりも職務経歴書が大事

就活なのだからエントリーシート(履歴書)を作成する必要があります。

と、同時に筆者らのようなエンジニアは職務経歴書を同時に出す必要があります。

 

あなたがこれまでどのような仕事に関わって来たのかを時系列に説明した書類になります。

面談ではほとんどが経歴書側の話でした。

 

  • この仕事ではどんな役割だったのか?
  • この役職の時に困ったことは?
  • どのように解決して来ましたか?
  • リーダーシップを発揮したと思えるエピソードは?

などなど、経歴からあなたの仕事ぶりを聞いて来ますので

どんどんアピールしましょう。

 

フリーのエンジニアとしても活躍できる時代

各業種どのジャンルでも人手不足だと言われています。

それは新卒の売り手市場と同じく、フリーランスのエンジニアも売り手市場だからです。

ビジネスパートナーを探すにも条件が合わず、なかなか契約できないというのが現状です。

 

つまり、現在はフリーのエンジニアでも食える時代ということ。

筆者の仲間も何人もフリーランスのエンジニアとして働いています。

そのためのサービスもたくさんあります。

たとえば、ポテパンフリーランスはフリーのエンジニアが案件を探すことができるサービスで、高単価かつ元請け事業者との直契約が可能な案件を紹介してもらえます。

 

アラフォーともなればリーダークラスの役割を経験した人も多いでしょうから、そのような人材は重宝されます。

逆に、経験が乏しくてもご自身のスキルに合わせた案件を相談することができる強い味方です。

 

 

辞めれない事情がある場合

わかります。

転職をしたいと思っててもまず会社を辞めなければなりません。

引き継ぎする人がいない、

そもそも言い出しにくい、

上司に会いたくない、

など、いろんな理由があると思います。

 

筆者は意を決して退職届を出しましたが、それが難しい方もいるはず。

その場合は退職代行という手もあります。

弁護士などを通じで手続きを行うよりも安く

また会社側との話し合いに出ずに退職をすることが可能です。