与えられた役職と望まない出世

コラム

アラフォーくらいになると現場リーダーだったり、

プロジェクトではPMやPLを担う方も多いかと思います。

 

会社での役職(係長とか課長とか、主任とか専任?とか)

はたまた等級などもありますね。

それってあなたが望んで勝ち取ってきたものですか?

それともなんとなく会社評価により与えられた役職だろうか。

 

スポンサーリンク




出世を望まない人も増えた

出世ってなんだろう。

平社員からすれば、給料を少しだけ多くもらうことはできるけども

それ以上の責任と役割を課されるイメージしかないようだ。

部下の面倒みるくらいなら自分の子供の面倒を見たいという方も多いはずだ。

 

若い人は出世して時間を奪われるよりも、ほどほどの給料でプライベートを優先できる立ち位置の方が良いと考えている人が多いようだ。

全くその通りである。

 

出世しないデメリット(転職において)

出世しないことによるメリットは「自由」しかし、転職するとなれば別だ。

一見相反したように見えるかもしれない。

出世とは会社で階段を上がっていくこと、転職とはその会社から出ることを意味する。

 

しかし、終身雇用なんてありえないこのご時世で

なんの役職も与えられなかったアラフォーと、

ある程度の役職でリーダーシップをとってきたと思われそうなアラフォーとでは大違いである。

 

転職シーンにおいて、アラフォー世代は実は売れ筋世代である。

詳しくは「アラフォーでも大丈夫 確実なシステムエンジニアの転職方法」を読んでほしい。

 

ずっと平社員でしたという方よりも若手社員を牽引でき、あたらしい風を吹き入れてくれる方のほうが望まれているのは明白である。

 

出世しないデメリット(社内において)

最大のデメリットは、無能な上司の下につく可能性が大ということ。

尊敬できる上司ならまだしも、あまり好きではない上司の下にはいってしまうと地獄。

 

多少は役職を持っていると自分の自由な幅ができるため、嫌な上司を回避できることもある。

どんどん若手がそだって追い抜いていくことになるが、それに我慢できるなら出世は「断っても」よい。

 

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

貰えるものはもらっておけ

年功序列の賜物だとしても一度実績として役職がついてしまえばこちらのもの。

職務経歴書にどうどうと書くことができる。

転職については入ってしまえば勝ちである、入ってから頑張ればいい。

それまでの経歴書をバフらせるという意味で、多少の出世や役職はもらっておいていい。

 

やめにくくなるなどと声が聞こえてきそうだが、それでやめなくていいならそれはそれでいい。

 

まだ間に合う転職について

転職するかどうかは別にして、いつでも動ける準備は少しずつやろう。

今がその時ではなくても、職務経歴書などすぐに出せるようにしておくこと

自分の実績を知っておくことは、現会社での活動でも非常に有効なことだ。

 

SEの転職で重視されるのは資格や学歴ではなく、実績(経歴)だ。

経歴書にどんなことがかけるだろうかと考えながら

経歴書を盛っていく働き方もよいかもしれない。